会社に合う会計ソフトとは?正しい選び方を知ろう

ロゴ
HOME>コラム>会計ソフトでヒューマンミスを防ぐ〜ソフトの適切な選択方法〜

会計ソフトでヒューマンミスを防ぐ〜ソフトの適切な選択方法〜

女性

会計ソフトの特徴

会計ソフトは、会計の取引がある度に金額と日付や勘定科目と適用等を入力をしていくもので、データを入れると自動で集計が行われ、仕訳帳や総勘定元帳などの帳簿類と財務諸表が出力されます。従来の手書きでの経理事務の手法では、伝票に起票した取引の記録を元に、各帳簿類に転記をする必要があったり、手動での計算をしたりするため、ミスが生じがちで新たに書類を作る手間もかかりました。会計ソフトを利用すると、伝票や仕訳帳形式でいったん入力をすれば、自動で計算や集計ができるために手間もなくなりますし、紙を無駄にすることもなく、画面上から表示させて確認することも可能です。以前は専門のオフィスコンピューターが必要で、会計事務所や大手の企業のみでしか利用が難しかったのですが、現在ではパソコンでソフトを導入できるために比較的安価に導入できます。製品版を購入してパソコンにインストールして利用する方法が一般的ですが、インターネットに常時接続出来る設備が整っていれば、ブラウザを起動してクラウド型のソフトを利用する方法もあります。

男の人

使いやすさをチェックしよう

たいていの会計ソフトには、本格的なソフトを利用する前にお試し期間が付いている場合が多く、ソフトのメーカーサイトからメールアドレス等の登録をしてからダウンロードをし、無料使用ができます。無料で試用できる期間はたいてい1ヶ月程度というメーカーが多く、ほぼ全ての機能を使える所がほとんどで、使い勝手や操作性、経理担当者や経営規模に合っているかどうかの確認をすすめます。会計ソフトは初心者向けに作られている物もあり、勘定科目が対話式で選択できたり、ヘルプ集が丁寧だったりとかゆいところに手が届くタイプの親切な設計のソフトもあります。しかし、大手企業の経理に必要な部門別の経理や予算管理などの機能が付いていないこともあり、給与計算や労務などと連携させたい場合には向いていないこともあります。いったん会計ソフトの導入を行うと、後からソフトを引っ越しするのが大変になることも予想されるので、担当者の使いやすさを念頭に置いて検討するようにしてください。