社内でチャットツールを利用しよう【さまざまなメリット】

ロゴ
>イチオシ情報>チャットツール導入のメリット【社内コミュニケーションを活性化!】

チャットツール導入のメリット【社内コミュニケーションを活性化!】

オフィス

社内でのチャットツールの活用方法

チャットツールを導入すると、社内のコミュニケーションツールとして使うことができます。また、今までメールで行っていたやりとりが、リアルタイムでさらに複数の人と同時にできるため便利になります。さらに、チャットはスマートフォンのアプリにも対応していますので、営業先でもどこでも参加することができるのです。使い方も難しいところがまったくないため、誰でも利用できます。

チャットツールの便利機能5選

チャット

リアルタイムでのやりとり

メールは一方的なツールのため、リアルタイムにスピーディーなやりとりなどが難しかったところがありました。しかし、チャットツールでは簡単にスピーディーにやりとりができるのです。

タスク管理ができる

チャットツールは、やらなければいけない作業などのタスクを管理することができます。タスク管理は、自分だけでなくチャットメンバーの管理もできます。さらに、メッセージをそのままタスクにすることもできるのです。

複数人で利用できる

チャットツールの特徴の一つに、いっぺんに複数の人がチャットに参加できることが挙げられます。複数の人が参加できることにより、わざわざ一ヶ所に集まらなくても、会議を行うことができます。

スマホアプリにも対応

今やほとんどのチャットツールが、スマホアプリに対応をしています。そのため、スマートフォンさえ持っていれば、営業などで外出している時も、外出先から自宅へ直帰した時でも、社内のチャットを使った会議などに参加することができるのです。

ビデオ通話や音声通話

社内に導入しているチャットツールにもよりますが、だいたいのチャットツールではファイルの共有やビデオ通話や音声通話ができるようになっています。また、動画ファイルなども送ることができるのです。